「細くて、断線しにくいケーブル」ハイフロンSD

2020 2/13
目次

Development

FAの中心で活躍する産業用ロボット、工作機械は日々開発が進められております。
近年省人化を目的にハンドリングロボット、協働ロボットといった新たなニーズが生まれ、小型化、生産能率の向上を目的とした高速化、捻回含めた耐久性が求められております。

私たちは今まで培ってきた技術より『細くても断線しにくいケーブル』『多芯でも識別出来るケーブル』『環境を考慮したケーブル』をコンセプトプランとして”ハイフロンSDケーブル”を市場に投入致しました。

更にIoT社会におけるセンサー需要に対応すべく、『柔らかくても耐久性のあるケーブル』300V UL2103を新たにシリーズに加えることとなりました。

時代とともにお客様のニーズにお応えすべく私たちのハイフロンSDケーブルも進化していきます。

特長

省スペース化

フッ素樹脂絶縁電線のUL規格で独自なスタイルを取得することによって従来までのケーブル外径から約20%の細線化。さらに2103はAWG30までの小サイズを投入。

作業性

多芯(13色以上)多対(7対以上)にて従来までの単色識別から多色二重押し出しの技術を採用し織別を容易に出来ます。(標準で25種類)

環境対策

全シリーズにてRoHS対応。RoHS2についても2018年2月以降生産については対応。

用途

シリーズ名使用用途シールド無シールド有電圧温度
20276信号用高速移動屈曲配線SD/20276SD-SB/2027630V80℃
2103信号・電源用柔軟仕様屈曲配線SD/2103SD-SB/2103300V105℃
2586信号・電源用高速移動屈曲配線SD/2586SD-SB/2586
ドレイン線有
ドレイン線無
600V105℃
HIFLON SD 2103
上:HIFLON SD 2103  下:HIFLON SD-SB 2103

お問合せ   Contact Us

目次
閉じる